ブログ

シャツ

オススメの襟型

vol.582



アスリート専門の
スーツ仕立て屋
SARTORIA FISTY
の拝田昇です!



『アスリートの"不"を解決』



この想いで今日も仕事に臨みます!



一昨日

『オススメのネクタイの結び方』

というブログを書きました



『オススメのネクタイの結び方』◀︎クリック



その中でシャツの襟

『レギュラー・ワイド・ホリゾンタル』

に言及しましたが

『違いがよく分からない』
というご指摘を頂きましたので今日は
『オススメのシャツの襟(カラー)』
を書きたいと思います



ここで言う『シャツ』
『Yシャツ』のことです



そう言えば以前

『YシャツのYってなんなの?』

と質問されたことがありました



ご存知の方も多いと思いますが
これは英語の『white shirt(ホワイトシャツ)』
が訛ったもので『ホワイ・シャーツ』の
『ホ』が聞き取りづらく、『ワイ・シャツ』
という呼び方が定着したと言われています



話を戻します



襟の種類は意外と数があって
少ないお店でも30数種類
うちのお店では53種類あります



その中から個人的にオススメの
7種類を紹介します

 

 

レギュラー

 

 

襟の長さが標準的で
どんなスーツにも合い
どんなシーンでも適しています



ビジネスでもフォーマルでも大丈夫です



どんなカラーのシャツを
選んだらよいか分からない時は
レギュラーカラーシャツを
選んでおけば間違いはないです



ワイド

 

 

襟が100度〜130度前後開いたもので
レギュラーと同じかやや長めの
襟が一般的です



首まわりがスッキリとするので
レギュラーの次にメジャーな
カラーです



セミワイド






襟の開きの角度がレギュラーと
ワイドの中間くらいです
使いやすい襟型です



弊店でもオススメ
することが多いです 



ホリゾンタルワイド

 

 

襟の開きの角度が水平に
近くなります



英語の『ホライズン(horizon)』
『地平線』という意味から来ています



カッタウェイ

 

 

襟が180度以上開いている
カラーです



見た目もとてもスタイリッシュで
人気のカラーです



上にジャケットをはおっても
カッタウェイのシャツの
存在感をアピール出来、着る人の
全体的な印象を挙げてくれます



カジュアルスタイルに適しており
ネクタイを外して着ると
大人の男っぽさが増します



クールビズスタイルに最適です



ボタンダウン

 

 

 

襟の先端をボタンで身ごろに
留めているシャツのことです



ノータイスタイルのときや
クールビズの時に大活躍します



1900年代初頭
『ブルックス・ブラザース』
の創始者が発案しました



『ポロ』を観戦に行った時に風で
ユニフォームの襟がバタバタと
煽られるのを押さえるために
襟の先がボタンで留められていた
のを見て取り入れたと言われています



別名『ポロカラーシャツ』



成り立ちからしてもカジュアルな
場にふさわしくネクタイをする
フォーマルな場には適してません



ワンピース

 

 

衿と前立ての裏部分が
オープンカラーのように
縫い目がなく、1枚の生地で
つながって出来ている衿型です



衿に立体感のあるきれいな
ロールが出ます



ワンピースカラーは
エレガントなノーネクタイ
専用シャツです


別名イタリアンカラー
ともいいます



クールビズにオススメです



第一ボタンのある通常タイプと
第一ボタンのないタイプ
(スキッパー)の2種類があります



まとめ



ネクタイありに向く

レギュラー,ワイド
セミワイド,ホリゾンタル

 

ネクタイなしに向く

ボタンダウン,ワンピース

 

どちらもOK

カッタウェイ

 

クールビズにおすすめ

カッタウェイ,ボタンダウン
ワンピース



その他にも多数ございますので
ご興味ある方は遠慮なく
お問い合わせください



お問い合わせはこちら◀︎クリック



5月24日〜6月2日『オーダージャケットフェア』開催!









Copyright(c) SARTORIA FISTY. All Rights Reserved.