ブログ

シャツ

明日よりオーダーシャツフェア

vol.705

アスリート専門の
スーツ仕立て屋
SARTORIA FISTY
の拝田昇です!



『アスリートの"不"を解決』



この想いで今日も仕事に臨みます!



シャツの袖を出すことには意味がある



先日『未知の会』の例会にて
スーツに関しての講演をしました



その中でいくつかクイズ形式で
問題を出させて頂きました



難しい問題や簡単な問題など
様々だったのですが、中に

『シャツの袖をジャケットから
1.5cm出すのはなぜか?』

という問題がありました






なぜだかお分かりになりますか?



正解は

『スーツが汚れないためです』



話は19世紀にさかのぼります



当時は現代のように
ドライクリーニングが
ありませんでした



スーツは基本ウールですから
自分で水洗いすると確実に
縮みます



ですので

『スーツを洗う』

という発想自体
ありませんでした



対してシャツの素材は
コットン(綿)がメインです



コットンですから
水洗いできます



ご自宅でシャツを水洗い
されてる方もいらっしゃる
のではないでしょうか?



私も毎日自分のシャツは自分で
洗濯してアイロンかけてます☺️



洗えるシャツに対して
洗えないスーツ



だから袖や首の汚れやすい
肌に直接触れる場所は
シャツを出したんです



こうすることでウール素材の
スーツが汚れるのを守ったんです



つまり、シャツをジャケットの
袖口から出すことは
ファッションではなく
汚れないようにする
ためだったのです



ちゃんと意味があったんですね!



しかもこの問題吉田さんが
一発で正解しました!



知ってらしたのではなく
当てずっぽうで仰った
ようでしたが笑



明日より秋のオーダーシャツフェア



今日はオーダーシャツをお得に
お試し頂けるフェアの
ご案内です



9月21日(土)〜10月14日(月)
の期間限定でオーダーシャツ
¥3,000引きでお仕立て頂けます



今回のフェアでは

『カンクリーニ』

『トーマスメイソン』

などのイタリアの生地も
対象となっております






シャツは消耗品ですから
何枚あっても重宝します



『袖口のほつれや首の汚れ』
が気になるようになってきたら
シャツの買い替え時です



ぜひこの機会をご利用くださいませ!



お問い合わせはこちら◀︎クリック


Copyright(c) SARTORIA FISTY. All Rights Reserved.