ブログ

スーツ

ドロップ

vol.1071



美しいスーツ姿は
引き締まったカラダづくりから


日本でただ一人
見栄えるスーツとカラダ
を仕立てる
専門家

SARTORIA FISTY

の拝田昇です!



『スーツは男を魅力的に見せる
ものでなければならない』



『装うことで生まれる自信は
美しいスーツと引き締まった
カラダで作られる』




をミッションに今日も
仕事に励みます!



金曜日は3ヶ月に一度の
仕立て屋仲間の勉強会で
大阪出張に行ってきました






小樽は最近はだいぶ涼しく
日中の気温が20〜23℃くらい
ですが、大阪はまだまだ暑く
昨日も最高気温は31℃でした



仕立て屋仲間の勉強会は
毎回楽しみにしている会です



こういう時代ですからzoomで
話をすることは出来ますが
やはりリアルで会って話を
することに価値を感じます



次の勉強会は12月



それまでに与えられた課題を
キッチリこなして勉強会に
臨みたいと思います



ドロップとは




突然ですが

『ドロップ』

という単語を
聞いたことはあるでしょうか?



昨日の勉強会の中で

『ドロップ14』

くらいが美しくスーツを着こなす
ことが出来る一つの目安という
私の持論を話しました



『ドロップ』とはスーツの
世界での用語なのですが

『バスト-ウエスト』

の数値のことを

『ドロップ』

といいます



既製品のスーツで
A5とか、AB6と言った
アルファベットと
数字の組み合わせを
見たことはないでしょうか?



あれはメンズスーツのサイズ
標準として使われている
JIS規格なんです



バストとウエストとの差寸を

2cmピッチ、20cm〜0cmの間で
分類されている体型区分と

155cm~190cmの間で区分
される身長区分との組み合わせで
表されています



「体型区分」は

「J,JY,Y,YA,A,AB,B,BB,BE,E」

の10区分のアルファベット
が当てはめられています







ですからドロップ12cmで
身長170cmの方は『A5』という
表示のスーツを選べばいい
ということになります



『ドロップ』は数字が大きければ
大きいほど逆三角形の男らしい
シルエットになります



逆に数字が0に近づけば
近づくほど寸胴に
近い体型になります



一般的にはドロップ『12』
が平均的です



バスト95でウエスト83
というくらいの体型ですね



ちなみに私はバスト89cm,ウエスト70cm
(ドロップ19)で、身長166cm
ですから『J4』『JY4』になります



この体型だと
既製品はまず合いません



『J』『JY』
は規格
としては存在しても、実際には
ほぼ一般には流通していません



かなり特殊な体型に分類
されるので既製品として
店頭に並べていてもまず
売れないのです



しかしラグビーやアメフト選手を
はじめとするアスリートや
ガチで筋トレに取り組んでいる
方々はその『J』をも
超えてしまう事もあります



『スーツが合わなくて困っている』


『体にあったスーツを着たい』



アスリートや筋トレマニア
の方からよく聞くお言葉です



弊店のお客様にはそういった
お客様もいらっしゃいます



ぜひお気軽にご相談を!
お問い合わせください!



札幌・小樽でオーダースーツ
のお問い合わせはSARTORIA FISTYへ


お問い合わせはこちら◀︎クリック

Copyright(c) SARTORIA FISTY. All Rights Reserved.