ブログ

スーツ

春夏スーツは『水洗い』で

vol.1077



美しいスーツ姿は
引き締まったカラダづくりから


日本でただ一人
見栄えるスーツとカラダ
を仕立てる
専門家

SARTORIA FISTY

の拝田昇です!



『スーツは男を魅力的に見せる
ものでなければならない』



『装うことで生まれる自信は
美しいスーツと引き締まった
カラダで作られる』



来週からは10月



早いもので今年も
残すところ3ヶ月となりました



10月からはスーツも
『秋冬物』に衣替えする
方が多いと思います




春夏物のスーツは
来年まで一旦お休みですね



クローゼットにしまう前に
確認した頂きたいのが
スーツの状態



『汚れ』『破れ』『ほつれ』などが
ないかどうか



そして春夏物のスーツで一番
気にして欲しいのが

『汗のニオイ』

です



クリーニングでは汗の汚れは落ちない



汗をたっぷりかいたスーツは
クリーニングに出すことで
リセットできると思っている人が
多いと思います



しかし

ドライクリーニングでは汗は
落ちません




石油系溶剤で洗うドライ
クリーニングは、皮脂などの
油性の汚れを落としてくれますが
水溶性の汚れは一切落とせません



『クリーニングから返ってきた
ばかりなのになんか汗くさいな・・・』



と思ったことがある方も
いらっしゃると思います
がそういう理由なのです



ウォータークリーニング



消臭スプレーは生地を
痛めるので良くない



ドライクリーニングもNG



ではどうしたら良いのでしょうか?



そんな時にオススメなのが

『ウォータークリーニング』






『汗抜き』と呼ばれる場合もあります



通常は洗えないウールなどの
素材を特殊な水で優しく洗います



汗などの水溶性の汚れを
落とすには水を使って洗う
方法がベストです



ウォータークリーニングを
施したスーツはさっぱりと
仕上がって、身軽になった
感じがします



私はシーズンに一度友人の
お店にスーツをクリーニングに
出しますが

『ウォータークリーニング』

も一緒にお願いしています



なぜ水洗いしても縮まないのか?



専門店ではウォーター
クリーニングで使用する
水の分子を加工し
洗浄力が強く、生地を
傷めづらい水に変換しています






つまり水自体の性質を
コントロールして
クリーニングに適した水に
加工するということです



加工された水を使用し
生地の奥深くまでしっかりと
クリーニングされた衣服は
最後に職人の確かな
プレス技術により、仕上げられます



さっぱりとして、着心地も
変わるので、汗対策には最適です



汗のニオイが気になる方には

『ウォータークリーニング』

がオススメです!



ただし、技術が必要な
クリーニング方法なので
やっていないお店もあります



『ウォータークリーニング』
  又は
『汗抜き』



やってますか?とお店に確認
することをオススメします!

Copyright(c) SARTORIA FISTY. All Rights Reserved.