ブログ

ネクタイ

オススメのネクタイの結び方

vol.1250



美しいスーツ姿は
引き締まったカラダづくりから


日本でただ一人
見栄えるスーツとカラダ
を仕立てる
専門家

SARTORIA FISTY

の拝田昇です!



『スーツは男を魅力的に見せる
ものでなければならない』



『装うことで生まれる自信は
美しいスーツと引き締まった
カラダで作られる』




今日で5月も終わります




緊急事態宣言の影響もあってか
弊店のある小樽都通り商店街は
閑散としています



やはり小樽市も感染が広がって
おりみなさん警戒されている
のだと思います



効果の是非はありますが
ワクチンが行き渡ってみんなが
安心して出歩けるようになり
商店街の活気が戻ってくる
ことを期待します!




覚えておきたい4つの結び方



先日お客様からどうしても
ネクタイの結び方がしっくり
こないので教えて欲しいと
お願いされました



同じようにお考えの方も
いらっしゃると思いますので
今日はオススメの結び方を
4つご紹介します



『プレーンノット』




もっとも簡単で基本の結び方です



ネクタイを初めて結ぶ方は
プレーンノットをまず
マスターしましょう



一般的なレギュラーカラーの
シャツと相性が抜群です



ビジネスシーンから就職活動
冠婚葬祭に至るまで、どんな
シーンにも使うことができます



阪急百貨店メンズ館さん
の画像を貼っておきます



 

 
『ダブルノット』
 


結び目が縦に長くなる結び方です



プレーンノットにもう一巻き
する形になるので、結び目が
一回り大きくなります



ワイドカラーの襟にはあまり
向いておらず、プレーンノット
から少し印象を変えてみたい
におすすめです



長めのネクタイの長さを調整
することもできる結び方です


 

『セミウィンザーノット』



プレーンノットに比べて結び目
がワイドに、程よい大きさの
正三角形になる結び方です



ほとんどの襟のシャツと
合わせられます



襟の開きの角度が大きい
ワイドカラー、ホリゾンタルカラー
とは特に良く合い、ほどよく印象を
強めることができます



ビジネスシーンでは
プレーンノットと並んで
おすすめの結び方です




 

 
『ウィンザーノット』



結び目がセミウィンザーノット
よりワイドに、さらに大きな
三角形の形になる結び方です



襟の角度が大きいワイドカラー
ホリゾンタルカラーに
よく合います




結び目とのバランスが取れるので
顔や体型が大きい人におすすめ



私はワイドやホリゾンタルの
シャツが多く、顔が大きめなので
結び目が大きく、バランスが取れる

『セミウインザーノット』



『ウィンザーノット』

を好んでいます



注意していただきたいのは
顔の大きめの方が狭いラペルで
細いネクタイをすると
顔の大きさが強調されてしまい
アンバランスになってしまいます



顔が大きめの方は

 

カラー 『ワイド又はホリゾンタル』

ラペル 『標準〜太め』

ネクタイ ラペル幅に合わせる

 

とすると顔の大きさが強調されず
バランスのとれた印象を与える
ことが出来ます



ぜひ参考にしてください

 










Copyright(c) SARTORIA FISTY. All Rights Reserved.